「サーフィン」アラサーアラフォーから始めるのは非常に苦痛です・・・が、経営者や社長じゃなく誰でも、歳とってからサーフィンを始めると人間力は上がると思います | 岩崎せいろのブログ「自分だけの生き方がある!よね」〜人生の楽しみは遊び!と仕事!〜

岩崎せいろのブログ「自分だけの生き方がある!よね」〜遣り甲斐と、信念ある楽しい人生を〜
ブログTOP→→→
・このHP又はブログを見て
 「これって、あの岩崎(さん)じゃない?」と思った方へ⇒⇒⇒
・相談・質問(応援?)メールお待ちしております→→→

3040代・・・役職者・経営者・社長、年齢や立場が上がると人は誰でも少なからず「傲慢・怠慢・ルーズ」偉そうになります。

人間は誰しもそうなってしまう生き物だと思います・・・いろんなものから打たれる事が少なくなり、段々とのぼせ上がってしまうのが人間という動物だと感じます

因みに、サーフィンをやると いろんなものに「打たれまくります」

海にも

波にも

寒さにも

痛さにも

周りのサーファーにも

孤独にも

子供サーファーにさえも・・・ 打たれまくります・・・

そんな環境に自分を置くもの「これからの自分を造る」うえで、サーフィンはベストスポーツの一つではないでしょうか・・・

僕は、特に20代〜30代前半チョコチョコと一人旅をしました。

東京で生まれ育ち・・・仲間や知人もこの東京に多く・・・そしてそこそこ成功した日本(東京)にいると、「立場」も「お金」も「環境」も・・・偉そうになっている自分がいて・・・

海外で一人旅をしながら、いろんな遊びをしていると・・・外人が「ヘイッそこのジャップ!」などと見下されることがしばしばありました。そんな環境、なんだか、ある意味では、のぼせ上った自分を叩き落とす良い環境だと感じていました。

31歳の時・・・

アメリカ大陸、リノからヨセミテ・ディスバレーを抜けてラスベガスへ抜けようと一人車で横断中・・・一面砂漠荒野の一本道にて横転事故をして1.2時間後、たまたま通りかかった一台の車に発見されました。ドクターヘリでラスベガス総合病院へ運んで頂き・・・なんとか死に掛けボンクラである僕の命は助かりました・・・

その病院の看護師などスタッフは、日本人の怪我人などには あからさまにぶっきらぼうな対応をされたことを鮮明に覚えています「ただのツーリストジャップが!いちいち呼出しボタンを押すな!私ら看護師は忙しいんだよ!」ってブツブツ言ってくるくらいはまだマシで・・・

特にぼくはバカなので、いろんな経験をしないと成長しない人間でして・・・

沢山の様々な経験から少しずつ、人間として成長していっている自分がいます

なにをやるにしても初心者って大変ですよね・・・でも人間力をつけるには「初心者として打たれまくるスポーツ」はベストだと思います・・・こんなこと言ったら逆にみんな遣りたがらなくなっちゃうかな?^^;;でも「モルジブサーフィンへ向けて^^ スケボーでも・・・練習しないよりは良いでしょ。と、思った社長」モルジブなどちょっとした目標に出来れば楽しみにもつながると思います^^

3040歳を過ぎてから「なにか新しくスポーツを始めたい!」と考えている方へ

「サーフィン」お勧めですよ^^

でも!この時期、12月〜4月(5か月間)は、趣味である仕事が忙しいのと、寒いので(根性がなく^^;;?)僕にとってサーフィンのオフシーズンですが「サーフィンにはスノボーとスケボーは練習になる? 寒くて海に入りたくないオフトレーニング・・・^^;;

参考に^^どうぞ「サーフショップとの付き合い方?・・・オーナー社長店長?・・・東京でもサーフィンをする場所でも必要?」

え!? 仕事が趣味ってなに?って??・・・はい、僕、サーフィンなどアウトドアが趣味ですが、仕事(ビジネス)も趣味なんです^^。。。はい

2017.02.12 Sunday

◆カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

◆その他の記事はこちら

◆ブログのジャンル

◆月ごとに記事を読む

◆岩崎せいろの執筆エッセイ

◆言葉・単語から記事を探す

◆携帯・スマートフォンはこちら

qrcode