サーフィンとアウトドア | 岩崎せいろのブログ「自分だけの生き方がある!よね」〜人生の楽しみは遊び!と仕事!〜

岩崎せいろのブログ「自分だけの生き方がある!よね」〜遣り甲斐と、信念ある楽しい人生を〜
ブログTOP→→→
・このHP又はブログを見て
 「これって、あの岩崎(さん)じゃない?」と思った方へ⇒⇒⇒
・相談・質問(応援?)メールお待ちしております→→→

僕のモルジブ紀行(今年6月)へ同行招待しているN君から、今月1月度の体絞り(ダイエット)結果の写メが届いた。因みに彼N君は2ヶ月まえ90キロだった・・・^^;;

遂に80キロを割ったらしい^^モルジブの為とはいえ頑張っている^^

因みに、サーフィンって90圈80キロでも出来るのですか?って質問をよく頂きます・・・

答え⇒ 出来ます!(やっている人はいます。特に海外などは沢山沢山います) ただ、身長や筋肉・柔軟のバランスです。しかし身長175センチの人が90キロじゃあ厳しいでしょうね^^;; 

サーフィンが出来るようになってから体重が太るのであれば、体が覚えていれば問題なく乗れている人も多々います。しかし初心者(入門)の時点でデブでは厳しいです。サーフィンは運動神経とバランス・足腰脚力・持久力など自分を支え自由に動かせる力が必要ですので・・・

因みに、僕の親しい知人友人には体重が重量級の人間も多くいます。その人に見合った身体(体系)ってものが重要ですよね。

頑張っているN君へ このスケボーをプレゼントしようっと^^

モルジブサーフィンへ向けて^^ スケボーでも・・・練習しないよりは良いでしょ。と、思った社長・・・

2017.01.28 Saturday

僕は・・・冬は寒くてサーフィンをやろうと思えない^^; ゴルフもやろうと思えない・・・^^;

この時期は「ガッツリ仕事!」ってのが僕のスタイルです。 ただ、やはり自然の中で身体を動かしたくなる(自然とともに遊びたくなる)ので・・・冬はスノボーを^^   ウェア(服装)などはあまり気にしない僕なのですが、「今年のスノボ上着」を調達してみました。気分を上げるため^^;

40歳過ぎてサーフィンをはじめるには・・・」で、よくある質問に

「海以外でのサーフィン上達練習方法は?」「冬などオフシーズンのトレーニング方法は?」などに関連してスケボーやスノボーは意味ありますか?上達につながりますか?などの質問を頂きます。ネットや雑誌なのでも同じような記事を見かけます・・・

僕の答え⇒ どちらも多少はあると思います!^^ ・・・ただ、スノボーやスケボーが出来る=サーフィンが出来る〜にはつながりません。大きな違い、それは・・・

スノボーの場合 .螢侫函奮蠅訃貊蠅泙馬△譴胴圓辰討れる)引力(勝手に下へ向かってボードが滑る)

スケボーの場合 _薪戮任盻侏茲襦淵機璽侫ンの場合は同じ状況を何度も繰り返すのは非常に難しい)⊆然が相手ではない(サーフィンの場合、海・波・天候など自然が相手である)

この2つが大きい違いじゃないでしょうか・・・ じゃあスケボー・スノボーはどんな部分が練習になるの?=_乗りスポーツ▲丱薀鵐好好檗璽帖,辰洞δ姪世砲茲辰涜疹意味がある。トレーニングになるってことでしょう。

因みに、普通のスケボーより ↓↓前輪がグニャグニャ動くスケートボード 又は 前輪が1輪(1つ)のスケートボードがよりいいと思います

僕も波が良くなかったりしてサーフィンが出来ない時に、たまにスケボーやってます^^

PS,僕は、スノボーもスケボーも10年以上ぶりにやってみたのですが、それなりに普通に滑れました。 そんな僕ですがサーフィンは4.5年間やっても上手くなりません^^;;多分やる(乗る)回数が絶対的に少ないのでしょう。僕で年に15〜20回(1日:2.3時間)くらいでしょうかね・・・サーフィンだって毎日のようにやってみれば みんな上手くなるのでしょうね^^

2017.01.28 Saturday

ご質問頂く中に「行きつけのサーフショップを決めた方が良いのですか?」「サーフィンを始めるにはサーフショップがキメテなのですか?」「私は東京に住んでいまして都内のサーフショップには知り合いがいるのですが、波乗りの海周辺でもサーフショップをどこか決めた方が良いのですが?」「サーフィンをやっている友人から、サーフィン用品は殆どインターネットで買う時代だと聞いたのですが、それなのに行きつけのサーフショップを決める必要あるのですか?」

などなどの(意見?質問?)があります・・・

以前の「40歳を過ぎてサーフィンをやる?続けるには?」って内容の続きになりますが・・・

答え・・・その人のサーフィンライフスタイルへの考え方によって、各々の行動(考え方)で構わないと思います。確かにネットで全ての物が揃う時代ですし、場合によってはネットの方が安い事もあるかもしれません。また、ショップスタッフとの付き合いが苦手!という人もいるでしょう。そしてそこに出入りするお客さんとの付き合いも面倒!という人もいるでしょう。

人それぞれ 各々のスタイルで構わないと思いますょ^^

「因みに、岩崎さんは そのへん・・・如何ですか?」とのご質問も頂きましたのでお答えさせて頂きます

僕の場合(サーフィンと言うよりライフルタイル)は、

  1. 基本・・人が好き
  2. 自然が好き、海が好き。そして自然中で行うサーフィンが好き
  3. 仕事や都会、そして経営者としての立場からの転換
  4. 仕事とサーフィンや自然遊びの両立

    です。

    自身の生き方としては、仕事には夢中になる人間でいたいです。自分のためにも・世のため 人のためにも。

    そして、大好きな自然でのリフレッシュ&リラックスを楽しむ人間でいたいです。

    そんなもので、“屐畤佑好き=サーフショップの人たちとも仲良くさせて頂いております。

    特に某サーフショップのオーナーS.Nさん 店長のM.Kちゃん そしてサーフィンのインストラクターでありネット波伝説波などで気象情報を発信してくれるMRちゃんなど・・・大変良いお付き合いをさせてもらっています。

    他にもいつも入る海(東京からは離れた場所ですが)の周辺には、たまたま20年前東京で僕と同じ仕事をしていた身近なS君や、いつも海で僕と二人っきりになる年齢も近くフィーリングが合うAさんなど、みなローカルサーファーですが、海の情報、サーフィンの知識は勿論、雑談から酒席まで僕にとって大事な知人友人です。ほんと良いお付き合いさせてもらっていて感謝しております。

    また、ネットでサーフィン用具を購入するからショップは・・・ってご意見ですが、その気持ちも解ります。私もネットでいろんな物を買うこともありますが、ただ、僕はサーフィン用具に関しましてはショップの方が良いです。質問・相談・要望・現物・比較物・コミュニケーションを通じて購入させてもらった方が気持ち?(気分)が良い^^って派です。。。

    再度言いますが、ネットは絶対にダメ! ・・・ってことじゃぁありませんよ^^;;

     

    続きはまた・・・

2017.01.27 Friday

◆カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

◆その他の記事はこちら

◆ブログのジャンル

◆月ごとに記事を読む

◆岩崎せいろの執筆コラム

◆言葉・単語から記事を探す

◆携帯・スマートフォンはこちら

qrcode
<<back|<1234567>|next>>

岩崎せいろ

ぶった斬り博士